プロフィール写真で仕事を増やすコツ

プロフィール写真のフォトスタジオ解説

プロフィール写真を専門に撮影しているフォトスタジオがあります。プロフィール写真とは自己紹介用の写真のことですが、様々な使用用途があります。

カタログに掲載する

イベントが行われる場合、プログラムやパンフレットが用意されますがその中には人物紹介のページが付き物です。

たとえば演奏会であれば演奏者の略歴と共にプロフィール写真が掲載されますし、ゲストやMCのプロフィール写真も掲載されることがよくあります。

撮影では楽器を持ったりドレスを着たりと特徴をだし、アーチストとしてのイメージを誇張します。

イベントに応募する

イベントが行われる場合、キャストを募集しますが、そこには応募者のプロフィール写真を添付する場合がほとんどです。

この写真のことをオーディション写真と言います。

オーディションには沢山の人たちが応募するので、カタログ用のプロフィール写真とは違った切り口で撮影します。どちらもキャラクターを印象的に表現しますがカタログ用では着飾ったドレスやスーツを着用しますがイベント用のオーディション写真はシンプルな服装でアクササリー等はなしで撮影します。

それは応募者の「素に近い状態」が見たいとの主催者側の意図があるからです。

以上二つはどちらもプロフィール写真と言えますが種類は異なっています。

そのため両方の業界に精通することで適切なプロフィール写真を撮影できることが必要です。

そしていわゆる商業用の写真を専門に撮影しているフォトスタジオがプロフィール写真専門スタジオに当てはまります。

撮影方法も一般的ではなく、目力、顔立ち、感情、を引き出すことが出来ることが求められます。

仕事を増やせるプロフィール写真スタジオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る