声優 オーディション写真 服装を検証する

声優オーディション写真の服装アドバイス

声優 オーディション写真 服装どんな服が自分に似合っているか知ることは大切ですが、何が似合っているか分からないのが悩みです。だったら声優さんに好まれる服をベースに自分なりにコーディネートすれば声優業界で活動するにはプラスになるはずです。そこでここではタイプ別に考えて見ることにします。

痩せている人にお勧めの声優ファッション
体が痩せているとスタイルが良いなんて言われますがNGなチェックポイントはあります。
トップスは体にフィットしすぎない少しゆとりのある服がお勧めです。それはフィットしすぎると女性としての柔らかい丸みを表現できない可能性があるからです。たとえばタンクトップやチューブトップなどは体にピタッとするのでラインが出すぎ、ぎちぎちして優しい感じに見えない場合があります。それよりは半袖で少しゆとりのある柔らかい素材がお勧めです。でも体のラインが全く分からない服やサイズの合っていない服はNGです。
服の丈はウエストより少し長いくらいが理想でそれだと胴を短く見せることが出来ます。

ボトムスはフレアスカートでひざの見えるミニスカートがお勧めです。フレアスカートは優しく、可憐なイメージを与えるので、痩せていてもしなやかな優しさをもたらします。
靴はパンプスがお勧めです。ヒールが細いほどエレガントさが増します。

ぽっちゃりさんに似合う声優ファッション
二の腕が太い場合はノースリーブやフレンチスリーブより、半袖や七分袖がお勧めです。長袖でも悪くはありませんが、声優のオーディション写真の服装では半袖の方が新鮮で元気のイイ感じがします。
太ももが太い場合はパンツでない方が良いですね。スカートはフレアスカートが第一候補ですがちょっと大人の方は「セミタイト」のミニスカートなんかもお勧めです。ふくらはぎが細ければ全体的に細い印象にすることが出来ます。
ふくらぎにお肉が沢山ある場合はパンツスタイルも選択肢としてあります。もしボーイッシュな方であればスカートではなくパンツにすることでイメージに合致すればイイと思います。
少女風なファッション好きであればフレアスカートになりますが、ひざの見えるにミニスカートにしましょう。丈が長いとふくらはぎに目が行くのでかえってぽっちゃりのイメージを与えてしまいます。

その他の対策

やはりポージングが重要です。
ポーズにより体が細く見えるばかりではなく、二の腕やふくらはぎさえも細く見せることが可能です。
8頭身に近づけて撮影する事が理想ですが、ポージングにより限りなくオーディションに有利な感じに撮影する事が出来ます。

一部のスタジオでは修正により細くしてしまいますが、人工的に細くしたラインはメリハリが失われやすいので不自然になりやすいので注意しましょう。

服装の相談もOKな声優オーディション写真や宣材写真スタジオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る